JON(犬)こうしきWEB

老犬と老猫と音楽の生活。
2006/11 |  <<  123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>  |  RSS |  Admin
drops
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日たくさん寝たので、かよちゃんが起きて歩いている音で起きた。
仕事に出かけるかよちゃんにお礼を言ってお見送り。

コイソさんとお茶して、また寝る。

お昼はコイソさんちの近くのスープカレー屋さんでゴハン。
わたしは辛さ25を頼んだけど、まだまだイケるかも知れなかった。
しかし辛いカレーは体力を奪う。
また横になったりして。

午後はてくてく歩いて近所のスーパーへ。
お土産と今後の食料用に札幌限定のカップワンタンとカップ焼きそばを買って、その場でダンボールに詰めて自宅に送った。

コイソさんがタチのお味噌汁を作ってくれました。
ホタテとサーモンのたたきを食べる。
最後の最後までご馳走になった。
ワインを飲んだらすごく酔ってしまった。

で、また横になったらナゼがパタタと寄ってきて添い寝してくれた。
好かれて嬉しい。

札幌駅までタクシーで。

コイソさん、るみちゃんとお別れ。

お土産はさほど買うつもりなかったんだけど、玉貴ちゃんがけっこう買うので、つられて色々買ってしまった!
着ぐるみは、次のライブの地、名古屋のホテルに送ってしまったので帰りはけっこう身軽だったのです。
あんまりお土産三昧してたら、アナウンスで名前を呼ばれてしまって恥ずかしかった。

東京まで眠る。あっというまに着いた。

羽田で玉貴ちゃんとお別れ。

モノレール、電車、バス、ほとんど寝てた。

部屋にたどりつくと、おチョナンは布団の中にもぐってた。
しばらく不機嫌そうにしてたけど、帰って来たのを喜んでくれた。
キャットシッターさんが3日間毎日レポートを書き残してくれていたのだけど、おチョナンは最初の2日は隠れていて、最終日にやっと出てきてシッターさんに撫でられたとのこと。
心配だった布団へのおしっこや便秘による嘔吐はなかった。
ううう、わたしは札幌でも猫三昧だったのに、おチョナンは猫のプロにも甘えず留守番していたのだなぁ。
そのプライドがいじらしいような、逆に人見知りも過ぎるというか‥。
でも、最終日に出てきたんだったら次回は大丈夫だろう。
今回キャットシッターを頼むことで、おチョナンとの付き合いかたのことも色々考えた。おチョナンは今、13歳か14歳で、今後が長いのか短いのか微妙な年頃なんだけど、これからもっと仲良くできたらいいよね、と思う。

おチョナンが死んだら、わたしはすごくショックで大変だろうけど、また新しい猫は飼ったほうがいいような気がする。
おチョナンはオーソドックスなキジトラだから、見た目は似た猫はたくさん居るけど、性格は独特だから全然違う生活になるんだろうなぁ。
性格といえば、実家に居た雑種犬のバクも面白い犬でした。
わたしは内向的で性格がひねくれてて、身近な人にはすごく甘える動物に縁がある。
自分に似てるから好きなのか、一緒に居ると似るのか。
なーんて言って赤塚不二夫の猫は19歳まで生きたし、町田康の猫は25歳くらいまで生きたんじゃないかな?
おチョナンもまだまだ10年以上一緒に居れるのかも知れない。

すっかり頭の中がおチョナンになってしまった。

普段はほとんど眠って眠っているだけのようなわたしだけど、札幌での日々は充実してた。また行きたい。

久しぶりにおチョナンと寝る。
スポンサーサイト
9時にコイソさんに「おはよう」と言われる。
シャワーはパス。

コイソさんちにはナゼというフサフサの猫が居て、遊んでくれる。
おチョナンはシッターさんと遊んだりしてるのかしら?

10時すぎ、お迎えの車が2台来て夕張へ向かう。
同行したマンガ家みやこさんが夕張出身で22年ぶりに夕張を訪れるとのこと。夕張の解説をいろいろしてくれる。
全然知らなかったのだけど、夕張は炭鉱が閉鎖になってからどんどん人口が減ってさびれちゃってるんだって。
映画祭のイメージがあるからにぎわっているのかと思ったら全然、とんでもないらしい。
みやこさんが夕張に向かうのに慄いていた。

途中、由仁とゆーところで「東京ホルモン」という店に入る。
何故に東京?
なんというか、ホルモンと野菜をジンギスカンみたいに蒸し煮にして食べる料理だったです。味は味噌味。

で、夕張市に入るとき、道に「ようこそ、夕張へ」って看板があったんだけど、錆びちゃってるのか古びちゃっててアメリカのホラー映画みたいでした。「2000人の狂人」を思い出した。
そして、夕張は静かでした。
鹿鳴館という建物は閉鎖中で、鎖で入れないようにしてあったのだけど、鎖を勝手にはずして入ってしまいました。
天皇陛下が泊まったりする建物だったらしい。
明治風?なの?とにかく、畳なんだけど洋館みたいな、上品なとこでした。コケがむしてた。

それからちょっと歩いてみたりしたんだけど、高ぁいところに神社があって階段が上れなくなっていた。階段の下におみくじひくとこがあって、ひいてみたら地味な内容でした。おみくじって年の初めにしかひいたことがなかったかも。今回ひいたのはいつまで有効な内容なんだろう、と思った。

おみくじの隣に、お地蔵さんがたくさん居るお堂があって、ちゃんとお供えとかしてあって、壁にすっごい後光がさしてる仏様の絵が描いてあってなんだかスゴイので写真に撮った。ら、後から角煮のアオイちゃんに聞いたらそこは水子供養のとこだったらしい。こわ!

民家に猫が元気にしていて、みんなで「猫だ猫だ」と言っていたら、そこに住んでるらしいおじさんが「猫、持ってって」と言っていた‥。

神社近くの蕎麦屋で有名らしいカレー蕎麦を食べた。
辛めのカレーが溢れんばかりの中に蕎麦が大量に埋まっていました。
普段だったら絶対残すけど、旅なので完食した。

めろん城というとこへも行った。
メロンのワインだのブランデーだの売っていて、それを作る工場があったのだけど、生産ラインはストップし、人が全然いなかった。

最後に、うさぎやという和菓子屋さんに寄った。
みやこさんが言うには、うさぎやは和菓子も本当に美味しかったらしいんだけど、いつからかアンドーナツがメインになってしまって、今やアンドーナツばかりが山盛りに売っている店になっていました。
ので、アンドーナツの6コ入れ(入り、じゃなく)を購入。

わたしは帰りの車で爆睡。
どうも、十蘭堂で占いして欲しいという人が居たらしいんだけど、というか、たぶんそんなこともあろうかと思ってカードを一応持って来ていたんだけど、眠くて眠くてコイソ邸で寝かせてもらう。

ふと、起きると、玉貴ちゃんは十蘭堂に飲みに行ったらしい。
わたしはナゼと遊んだり、また寝たりした。

12時ごろ、玉貴ちゃんとコイソさんの奥さんかよちゃんとイチゴちゃん(初めて会った)が帰ってきてみんなでお茶した。

1時すぎ、コイソさんが店を閉めて帰って来てパスタを作ってくれた。
一緒にゲンスブールの出ているテレビ番組を見る。

夜更かし。
午前11時起床。
シャワー借りる。

朝からゴージャスな食事!
じゃがいもふかしたのと、キャベツの何やら美味しい炒めとホタテの何やら。それに、飛びっこみたいな何やら(もう忘れた)と塩うに。
じゃがいもを苦しいくらい食べた。

で、札幌でのライブ以外の行動予定を全く知らされてなかったのだけど、今日がライブだというのに、観光に行くという。
車に乗って、ノースサファリ札幌というところに行きました。
そこは、個人がやってる動物園で、しょぼいんだけど、とにかく動物に触れる!
ペンギンに触った、黒ブタに触った、山羊にも触った。
動物とお茶できる小屋が3つあって、ひとつはフェレットの小屋、ひとつはウサギの小屋、ひとつはプレーリードッグの小屋。
プレーリードッグが太っちゃって、せっかく立ってるのにコロンと転がりそうな形になってた。
なんか、動物におやつもあげ放題なんだよね‥。健康に悪いよなぁ、多分。
それにしても、動物好きとしては盛り上がった。

リハ前に、キコキコ商店へ。
末木さん夫婦と久しぶりの再会。
お手製のジンジャーエールを飲む。
豆本作りましょう、と再び三度言ってもらえて嬉しく思いました。
ホントに作ろう。

6時、十蘭堂へ。
角煮のお二人と再会。
十蘭に角煮の写真がいっぱい展示してあった。
衣装がグンゼの白下着みたいなやつなんだけど、ゆみちゃんは丸っこいけど色っぽいんだなぁ。わたしもおくせず露出したろかしらん、と思った。

角煮、玉貴、わたしの順で演奏。
角煮、間近でしっかり観るのは2回目。
演奏しっぷりが面白かった。曲も面白い。
途中、壁になっているガラスにはちみつを塗ったりしていたけども、わたしとしては音楽の演奏だけで充分面白くて、パフォーマンスのほうはあまり興味がないというか。でも、若いんだからいいのかも。
いつもひとりでやってるわたしとしては女の子が2人で楽しそうなのは羨ましい。
玉貴ちゃんは歌うとすごい貫禄。本人は「普通の歌です」と言うんだけど、普通ではないな~。東京でライブをやらないのは勿体ない。
わたしといえば、リクエストもらったりアンコールもらったりして調子こいた。どうもありがとうございました。

打ち上げは出演の皆さまでコイソ邸で謎な鳥鍋。
またまたすんごい食べた。

そして明日は夕張に行くとのことで朝10時集合。9時起きだって。
胃が苦しいまま、寝る。

おチョナンはどーしてるんだろう?
緊張しすぎて5:30に起きてしまった!!!
早すぎたけど、2度寝したらやばそうな気がして動きだす。

キャットシッターさんに手紙を書いて、着ぐるみをダンボールに入れる。飛行機で行くときはあらかじめ着ぐるみを現地に送っておくんだけど、今回は前日にライブを入れてしまったため、ダンボールを飛行機に乗せていくのです。
カートに乗せてみたものの、普通サイズのカートだと小さくてヨタヨタ。やっぱりでっかいカートが必要だなぁ。

万年床を2つ折りにしておチョナンのベッドを作った。
悪あがきで床にあるものを棚に並べたり。
テーブルを出して、猫のオモチャと流動パラフィン、シッターさんへの手紙を設置。

真冬の格好をして羽田へ。

待ち合わせ時間に少し遅れたけど無事に玉貴ちゃんと合流した。

札幌に行ったら死ぬほど食べるとわかっているのに空港で今半のメンチサンドを買ってしまいました。

昼過ぎに千歳空港に到着。
コイソさんが迎えに来てくれていた。

車に乗り込んで札幌に向かう途中、コイソさんが「2時なのにもう夕方みたいでしょー」としきりに言っていた。たしかに夕方っぽい。
平和の自然園という山小屋みたいなところでジンギスしました。
山小屋には、アレックとゆー雑種の犬とドンゴロスとゆー雌の馬が居ました。ドンゴロスって本名はアイリスって言うんだって。どっからドンゴロスになっちゃったんだろう。

玉貴ちゃんは十蘭堂でリハしに。
わたしはコイソ邸で寝かせてもらう。

わたしが人の家に泊まるのは珍しい。
極度に緊張するのと、普通の人よりパワーがなくてすぐに寝ちゃうので迷惑だからだ。
そのことをコイソさんにはあらかじめ了承してもらっていた。
それにしてもコイソ邸は広い。
わたしと玉貴ちゃん用に部屋をもらっても全然余裕。
布団を敷きっぱなしでよかったので助かった。

夜は女の子が集まって修学旅行の夜みたいになってた。
朝早起きして掛け布団を浴槽で踏み洗いした。

おチョナンがたまぁに布団でやらかしてしまうので、布団を2組用意して洗って交互に使うのであーる。

浴槽で洗った布団はうまく脱水ができないため、べしゃべしゃのままベランダに干す。これ、1階だから許されるけど、2階以上の階だと問題だよな~。

なんだか、洗濯しただけで疲れてしまってうたた寝。
うたた寝しすぎました。

今日もライブなのだった。
慌てて出かけたけど、リハに間に合わず。
客入れの時間にリョウコさんとケンタッキーで食べるという怠惰ぶり。
おかげでリハを見に来てくれてたらしいジュンゾさんに会えなかった。

19:30前ギリギリに円盤に入り、そのままトップで演奏。
最初は気軽でいいなぁ。
あとはもうお客として居た。
札幌から来たお~ば~け~。岐阜のジャグス。緩くて面白かった。
お~ば~け~の皆さんとは2日後、札幌で再会することを約束した。

リョウコさんと4丁目カフェでケーキと珈琲。

明日は早い時間に羽田に居なければならない。
不安。

またタクシーで帰ってしまった。
早寝。
あまり記憶がない1日。

夜、ぶーふーうーで占いをした。

最近、奥亭以外ではタロットカードをポケットサイズではなく、ノーマルのでっかいやつを使うようにしている。
確かにこっちのほうが迫力がある。
昼前に起きて準備。
といってもレコーディングの練習じゃなくてチラシを書いていた。
なんか練習しようとすると緊張する。

今日はバンドでの演奏なのでリハもちゃんとやるのです。
5時すぎに円盤入り。

リハをまったーりやりつつ本番へ突入。
「マンダム 男の世界」を変則エレトリジョンバンドで演奏。
トロンボーン2本、エレキギター、ドラム、サックス、エレキベース、オルガンという編成。

普段のジョン(犬)にはない明るい演奏が出来てよかったです。

で、ライブ録音はさっさと終わり、リーダーのサイトウさんもさっさと帰ってしまって、わたしはイトケンさんにドラムのケースに着ぐるみを入れてフランスへ持ってく計画などを相談していたのだけど、頭の中では今日の夜ゴハンをひとりで食べたくないな~!!!
ってすごく心配してて(何故かバンドの演奏のあとはひとりゴハンしたくないのだよ。ソロのときは別にいいんだけど)、結局、イトケンさんと妹と田口さんと食事することになりましてよかった~!

ペンギンハウスの近くのダイゴという洋食屋さんで角煮定食を食べた。
なんだか立派な肉を出す定食屋だったな。
田口さんが2千円近くもするビーフカレーを注文したのだが、なんか見た目普通で悔しがっていた。

翌々日も円盤でライブのため、着ぐるみを置いたままタクシーで帰宅。
欝がひどくなって以来、高円寺でライブをしたあと電車で帰るということをしなくなってしまった。
タクシー代を無くすと生活が豊かになるんじゃないかと思う。。

というか、やっぱり高円寺に引っ越すしかないかなぁ。
早く寝たのに起きたのが昼過ぎだった。しかもだるくて動けない。
悪夢も満載。とりあえず、朝のクスリを飲むが、あまり効果がなく、動けない。しかたないので奥亭を休むことにした。

体調も本当に悪いのだろうけど、ライブが何本も迫っているのと〆きり仕事のプレッシャーもあるだろう。
とにかく動けなかった。

日が変わるころ、なんとか調子を取り戻す。
少しずつ原稿を書く。
明日のライブのことを考える。

寝すぎたせいか、今度は眠れなくなってしまった。

奥亭用の名刺を考える。

困った‥ハルシオンをかなり飲んでしまったのだけど、リラックスするだけで眠くならない。今からサイレースを飲むとライブの練習に支障がある。

睡眠、コントロール、難しいなぁ。
少々調子が悪い。
夕方から活動はじめようと準備していたんだけど、まず、流動パラフィンをもらいに行こうと思っていた動物病院が休診。

なかなか治らない顔の皮膚荒れをとうとう皮膚科でみてもらった。
ステロイドが出されてしまった。

犬猫ショップに行ってまたたびの粉を買う。

バスに乗って渋谷へ。

びゅうプラザで伊香保温泉の予約を取った。
楽しみ楽しみ。

本屋に寄って伊香保のことを調べようとしたんだけど、伊香保は本当に小さい温泉町で簡単にしか載っていない。
とにかく湯につかるしかないのだな。

11時すぎ、オルガンと着ぐるみ戻ってくる。
安心して眠くなる。
布団をガンガン洗濯して乾かさなければならないのに、雨!
はかどらない。

今、飲んでいる健康食品の好転反応か、ラマザンさんのお祈りのせいかひどく眠い。あとよくないのが思わず見てしまうバレーボール。
面白いんだけど、サポーターがうるさすぎて意識がモウロウとしてくる。なのに今日も見てしまった~!

疲れきったので少々仮眠。

夜中に起きて原稿書き。
drops
Copyright 2005-2010 © JON(犬) All Rights Reserved.
Powered By ・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。